電気計測器の開発、生産、販売を行うメーカー

文字サイズ

沿革

1940年 創業者 倉本 武夫、目黒区に「共立電気研究所」を設立
電気計測器の製造を開始
1947年 終戦後、テスタの修理から再スタート
1950年 「共立電気計器株式会社」 を設立
1951年 KYORITSU ELECTRICAL INSTUMENTS WORKS,LTD.
の名称で海外市場向けカタログを製作
海外販路の計画を始める

昭和30年頃の社内の様子
1955年 ポケットサイズのミニテスタ 「TK-30」を発売
好評によりカナダ・アメリカ・欧州諸国へ輸出
1956年 ミニテスタ高位機種 「TK-60」を発売
1957年 アメリカ商務省から引き合いを受けアメリカへの販路を確保
東京都目黒区中根に本社・工場を移転

旧本社屋
1960年 旧本社屋竣工(創業20周年)
KEWブランドが本格的に世界市場に進出
1961年 TKシリーズ「TK-70」、「TK-90」、「TK-100」と
小型から大型までのフルラインアップとなる

昭和35年頃の
本社周辺の様子
1962年 経営組織と管理部門の強化を始める
社内報第1号創刊
1963年 受注増に伴い、大型の生産工場を要するため、
埼玉県行田市に新工場を竣工
(敷地面積4500坪、従業員数300人となる)
ギリシャにて計測器の部の国際入札を落札。
これを機に携帯用計器などの標準機とテスタの開発に新たに挑む

行田工場
1965年 国内初のクランプメータの開発に成功し、製造販売を開始
KSクランプメータシリーズやパネルメータが主力になる。
行田工場より世界市場に多く送り出され、
KEWブランドはヨーロッパを中心に世界60数カ国に進出

国内初のクランプメータ
「CL-65」
1968年 昭和40年~50年の売上は3倍強
高度成長の中、平均成長率19%の実績を残す
世界で最初の直流用多重レンジの
小型クランプメータ「KS-7」の開発に成功
1970年 設立20周年
愛媛県西予市に愛媛工場竣工(敷地面積1万9,800㎡)

愛媛工場
1974年 自動車の各エンジン調整の整備用測定器
ドゥエルタコメータを生産
世界同時不況(オイルショック)などの影響を考え、
国内市場の強化を始める
1979年 広角度計器において、
日本で初めてのロイド船級協会の認定を受ける
日本で初めてのデジタル化に成功した
2レンジオート、ピークホールド付きの
クランプメータ「KS-777(Model2001)」が誕生
低圧回路から高圧回路まで、3レンジの測定が
可能な絶縁抵抗計「3301」が誕生
部品の品質と安定供給を計るため、
愛媛県宇和島に宇和島工場を竣工

宇和島工場
1981年 愛媛工場、JIS表示許可工場の認定を受ける
生産現場にてロボット・NC工作機が導入され、
FA(ファクトリーオートメーション)化が進む
1984年 倉本 正道、代表取締役に就任
1985年 国内マーケットの充実を図るため、大阪営業所を開設
1987年 タイ国投資委員会より投資奨励企業として認可される
タイ パトムタニー県 ナワナコン工業団地に
KEW(THAILAND) LTD.を100%出資にて設立

海外での製造拠点
KEW(THAILAND) LTD.
1988年 海外代理店との業務の効率を図るため、
ニューヨーク駐在員事務所を開設(現在は閉鎖)
行田工場を閉鎖し、愛媛工場とタイKEW(THAILAND)LTD.
の2拠点にて生産・輸出する
1989年 新本社社屋(現本社)を竣工
現在の本社ビル
1992年 愛媛工場、ISO9001の認証を取得
1995年 仙台営業所を開設(現在は東京 営業部に統合)
1996年 KEW(THAILAND)LTD.ISO9002の認証を取得
1999年 宇和島工場、ISO9001の認証を取得
2001年 JECA FAIR(日本電設工業展)
製品コンクールにて、
クランプ付デジタルマルチメータ
「キューメイトMODEL2000」が
 中小企業庁長官賞を受賞
2003年 KEWTECH CORPORATION LTD.(英国現地法人)設立
上海駐在員事務所を開設

KEWTECH
CORPORATION LTD.
2004年 国内メーカー初のクランプ式接地抵抗計
アースクランプ「MODEL4200」を発売
2007年 さらなる国内マーケットの充実を図るため、名古屋営業所を開設
2008年 イタリア・ミラノ地区にヨーロッパ事務所
「Kew Europe Office」を開設

Kew Europe Office
上海駐在員事務所を閉鎖し、 中国上海に現地法人
「克列茨国際貿易(上海)有限公司」 を設立
宇和島工場を閉鎖し、愛媛工場に統合

上海現地法人オフィス
2011年 KEW(THAILAND)LTD.
史上50年ぶりの洪水災害に遭い、建物1階が水没。
仮事務所を設営し生産ラインの維持に努める

1階まで浸水した
タイ工場の様子
2012年 KEW(THAILAND)LTD.
右手奥に第2工場を増設
タイの生産拠点洪水災害より完全復旧し、工場での稼動を始める

増設後のタイ工場
DCミリアンペアクランプメータ
「KEW2500」を発売

JECA FAIR 2012(日本電設工業展)
製品コンクールにて
コンセントN-Eテスタ「KEW4500」が中小企業庁長官賞を受賞
2013年 第5回ものづくり日本大賞にて、
コンセントN-Eテスタ「KEW4500」が四国経済産業局長賞を受賞
「2013 四国産業技術大賞」にて、
接地棒のいらないペン型 簡易接地抵抗計
「KEW4300」 が革新技術賞優秀賞を受賞
2015年 KEW(THAILAND)LTD.第2工場の増設を竣工
2012年のタイ洪水被害の経験を考慮した設計
創業75周年を迎える
シンガポールに現地法人
「Kyoritsu Instruments Asia Pte Ltd.」 を設立
2016年 JECA FAIR 2016(日本電設工業展)
製品コンクールにて
Ior漏電監視ロガー「KEW5050」が中小企業庁長官賞を受賞
2017年 JECA FAIR 2017(日本電設工業展)
製品コンクールにて
Bluetooth搭載アナログ絶縁抵抗計「KEW3441BT」が
一般財団法人 関東電気保安協会理事長賞を受賞
2018年 JECA FAIR 2018(日本電設工業展)
製品コンクールにて
統合接地対応コンセントN-Eテスタ 「KEW4505」が
一般社団法人 日本電設工業協会奨励賞を受賞